会って来ました、ガストン・ネサン! (3/5) ~ 研修初日(午後)

午前の研修が終わり、ランチは河岸にある別棟のお部屋で頂きました。
b0140293_2227257.jpg

b0140293_9555713.jpg

メインディッシュだけでなく、野菜サラダやスープ、パン、食後のデザートまで用意下さり、どれも美味しく、大変素敵なランチでした。

午後はいよいよソマチッドを見ることに。ネサン氏の研究室に入ると、巨大な顕微鏡 ソマトスコープが目に入ってきました。
b0140293_1015390.jpg

通常の光学顕微鏡の倍率(分解能)は2000倍、一方ソマトスコープは3万倍に及びます。その驚異的な分解能のため、ネサンは生命の神秘を観察することが出来たのでした。
今回のソマチッド観察では、希望者4人の血液(ソマチッド)を診て下さいました。
まず始めにドクターのセバスチャンさん。初めて見るソマチッドの世界に驚嘆しながらも、血液(赤血球)の状態はよく、またソマチッドも1~3の段階のものしか存在せず、健康そのものでした。

次は私の番。ソマチッドの多くは1~3の状態のものでしたが、時折7のバクテリア形態のものがあり、日頃の不摂生の影響が出たものと思われます。またネサン氏によると、最近は、血液の中に星型のものが見られるようになったとのこと。これはソマチッドではなく、ネサン氏も何か分からないそうで、私は他の方に比べ、この星型のものが多く存在していました。
b0140293_10233181.jpg

ネサン夫人から、「瞑想しますか?」と聞かれ、「します」と答えたら、「聞いただけです」と言われてしまいました。なので、瞑想が関係するかどうかは分かりませんが、もしかてアセンション(次元上昇)?などと勝手に思っています。

ソマチッドの動画での様子は、以下ををご覧下さいね。(元気よく動き回っているのがソマチッドサイクルの1の形態です)


ソマチッドは赤血球の中から生まれ、健康であれば1~3の形態を取ります。ソマチッドはDNAを作りうる機能・情報を持っているため、遺伝子の前駆物質などと言われることもありますが、不思議な特徴を幾つも持っています。
摂氏200度以上の高熱でも死なず、普通ならどんな生物でも殺してしまう5万レムの放射線を照射しても生き延びる不死身の生物です。
また、例えば白い毛のウサギからソマチッドを採取して、黒いウサギに毎日投与し続けると、1ヶ月ほどで黒いウサギの毛の半分が白い毛に変わり始め、黒かったウサギが灰色に変化します。更には、臓器移植(動物実験)の前に移植元のソマチッドを移植先に投与しておくと、拒絶反応が起こりません。今、臓器移植の副作用に苦しむ人が多く、時には拒絶反応により、移植された臓器が駄目になってしまうケースもあります、そういう意味においても、ソマチッドの発見は、ノーベル賞級の発見と思われます。

更にネサン氏は、次のビーカーを見せて下さいました。
b0140293_1105037.jpg

マウスの肉片を取り出しビーカーに入れ、そのマウスのソマチッドを投与し、真空状態にします。それを1日数時間、日光に当てるのです。するとその肉片は、腐敗することなく逆に成長し続けるのです。上の写真は、10年以上も前に入れ成長し続けている肉片の姿です。

余談ですが、太陽光の力は非常に大きなものがあると思います。擬似太陽光を用いる光線治療を行っていると、それを実感します。先週参加した光線研究所でのセミナーでは、現代医学では治癒不能と言われている乾癬が、半年ほどで治癒した例が幾つも紹介されていました(上の写真 → 50代 男性、下の写真 → 60代 女性)。
b0140293_11483419.jpg

b0140293_11484254.jpg

また、光線治療(1日1時間)とジェルビタールを併用し、3ヶ月でパーキンソン病が治癒した治験も報告されました。光線治療のセミナー内容ではありませんが、ガーランド博士の疫学調査によると、日照量と乳癌死亡率は明確に負の相関があります。
私たちは、これまで長い間、太陽と共に過ごしてきました。今、日焼けや染み等のことを気にし、太陽を出来る限り避ける傾向にありますが、数十年後の将来において、骨粗しょう症やその他各種の免疫疾患等、多くの問題を抱えるのではないかと危惧しています。

さて話しが逸れましたが、ネサンは、赤血球やソマチッドだけでなく、白血球や血小板等、他の血液細胞についても説明下さいました。中でも興味深かったのが、白血球(恐らく、白血球の中の単球だったと思います)が形成されていく段階のものがありました。現代医学では、単球を含む白血球は、骨髄の中の造血幹細胞が元となり、骨髄の中で作られると提唱されています。しかしネサン氏の言葉にあるように、白血球は血管の中で作られ得り、それは恐らく千島博士の言われるように、赤血球が分化して白血球になるのでしょう。

ソマチッド観察の最後の方は稲田さんでした。稲田さんは乳癌を患っており、去年ソマチッドを見た際は、16番目の状態のものが数多くあったそうですが、今回は一つも見られませんでした。きっと、治癒に向かっているのでしょうね。

初日の研修が終わりホテルに戻って来たのは18:00頃でした。15:30頃までのゆったりとした昼食だったので、夕食希望の人だけ20:00にフロントに集まることに。
前日までの長旅もあり、運動不足が気になり、私は近くのショッピングモールまで散歩に出かけ、ホテルに戻った来たら部屋にて「やきとりじいさん体操」を実践、運動不足解消と(少し遅めの)昼食の腹ごなしに丁度良い運動となりました。

夕食は、去年のネサンツアーの際にも行ったことがあると言う、近くのレストランに行きました。皆それ程お腹が空いていなかったので、6人で野菜サラダとパスタを2つずつ注文し、ついでにトッピングとしてそれぞれの注文にチーズも付けました。出てきた料理を見てびっくり、野菜やパスタが隠れて見えない程、山盛りにチーズが乗っていて、あたかもチーズフォンデュのよう。
そう言えば、10年以上前にオーストラリアでレストランでムール貝を注文したら、バケツ一杯のムール貝が出たことがあります。やはり西洋の方の料理と言うのは、豪快だとこの時も思いました。
[PR]
by d_mitsuda | 2009-06-23 12:18 | ガストン・ネサーン


木の香治療院 院長日記


by d_mitsuda

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
セミナー
はり灸
健康
出産・育児
光線
美容

ガストン・ネサーン
未分類

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧