会って来ました、ガストン・ネサン! (5/5) ~ 研修最終日

今日は研修最後の日、宿泊先ホテルのチェックアウトを済ませ、バスでセミナー会場に向かいました。会場には9時に到着したのですが、萩原医師、稲田さん及びネサン夫妻で今後の714-X普及に向けた打合せを持つとの事で、私はその間1時間ほど会場周辺の川岸を散策して過ごしました。
b0140293_2229222.jpg

最終日のセミナーでは、714-X投与のデモを見せて下さいました。投与希望者は、セバスチャン先生と私の2人でした。
714-Xの投与は注射により行います。注射する部位は右の鼠径リンパ節周囲で、鼠蹊部にある大腿i動脈の拍動部から臍に向かった線上の3~5Cm(身長により異なる)の距離のところです。これを21日間連続投与し、2日間休み、また2サイクル目を21日間行い2日間休みます。この繰り返しをだいたい6サイクル、自宅にて自分で行います。
b0140293_121277.jpg

やり方としては、まず始めに、鼠蹊部をアイスパックで10分ほど冷やします。その後、注射部位を94%アルコールで消毒し、皮膚を臍方向にしっかり伸ばした状態で大腿動脈拍動部を圧迫し、注射器を該当部位に刺します。その後、注射液は一気に入れるのではなく、10~15秒に1回ピストン部を押し、少しずつ入れていきます。全ての液が入れ終わったらそのまま60秒待った後、針を抜きます。
その後、94%アルコールで注射部位を消毒し、アイスパックで10分ほど冷やして終了です。

この間、特に痛みはありません。前日見たソマチッドの7の形態が消えたらなー、などと思いつつ、714-Xを受けていました。
さてソマチッドが4~16の形態を取る、つまり私達の免疫力(プロテクション・バリア)が壊れるのは何故か?ネサン夫人は、以下のように説明されました。

①薬、家屋(シックハウス?)等の化学的要因、食べ物、苦労・過労等
②事故、骨折、手術、放射線治療等の突然の障害
③突然起こった精神的なショック(別れ、死別 等)
④長い間続いた精神的なショック(友人がいない、共有する人がいない 等)
→ 外からは見えずその人だけが抱えている悩み
⑤悪い方向に思い込むこと(父親、祖父母が癌になったから自分も癌になる、自分の病気は決して治らない 等)

中でも⑤の悪い方向に思い込むことが、一番免疫力を下げる原因となるそうです。私も臨床を通し、それを実感しています。クエートで小児外科医の経験を持つ高柳和江医師は、その著書「笑いの医力」の中で、「同じ病気で同じ手術をしても、クウェートの子供の方が日本の子供より治癒の確率が高い。クエートの子供は、アラーの神に守られており、自分たちが死ぬ筈がないと思っている。一方日本の子供たちは、ともすれば治らないと悲観的になってしまう傾向にある」(少し改変)と書かれています。病は気から、正しくその通りなのでしょうね。
またネサン夫人は、「しかめっ面しているのでなく、笑っていることも大切」と話されていました。

なお病が右上半身(右乳房の乳癌、右葉の肺ガン、喉頭癌 等)にある場合には、鼠径リンパ節の注射の他、吸引器による714-Xの吸引も行います。
b0140293_13232012.jpg

それ以外の部位(動静脈、舌下 等)への投与は効果がないと話されていました。

714-Xのデモの後、製造所を見せて貰いました(下の上段の写真は、確か714-Xをビンに詰める所だったと思います。下段の写真の真ん中に移っている麗艶な女性は、従姉の菜央子さんです)。
b0140293_13254222.jpg

b0140293_13245459.jpg

ネサン氏の説明を聞き、衛生的にも714ーXは確かなものであると安心しました。

その後、ビュッフェスタイルの昼食を取り、セミナー修了証書の授与式に移りました。セミナーを終えた一人ひとりがネサン氏から修了証書を授与し、ネサン夫人のハグとネサン氏の握手と言う副賞まで頂きました。
b0140293_13304485.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎるもので、研修もとうとう終わり、モントリオール空港に向かう時間になってしまいました。ネサン夫妻に見送られながら、私たちはバスに乗り、一路空港近くのホテルまで向かいました。
b0140293_13322855.jpg

ホテルでのチェックインを済ませ、暫く休んだ後、モントリオールの旧市街見物に出かけることに。途中、日本では見られない建築途中の建物を見ながら旧市街に着くと、お土産物を買ったりビールを飲んだりと名々時間を過ごしました。
b0140293_13341466.jpg

夕食は、モロッコの踊りを見せてくれるモロッコ料理屋で済ませることに。味は微妙でしたが、酒向先生と踊り子との共演を堪能することが出来、最後の日を飾るに相応しい楽しい夜となりました。

余談ですが、カナダ(トロント)から日本まで飛行機で12時間ほどかかります。海外旅行に出かけると、毎回時差ぼけに苦しむのですが、今回はTFT(タッピングセラピー)による時差ぼけ解消テクニックで、カナダに居た時は苦しまずに済みました。ところが日本に帰国した際は、タッピングがうまくいかなかったのか、時差ぼけに少なからず苦しみました。次回はその辺の再検討をしたいと思います。
なお、最近話題の「体温を上げると健康になる」(斎藤真祠医師 著)によると、機内食を食べなければ(水はオーケー)体がリセットして時差ボケにならないとありました。出来るかどうか分かりませんが、次回はこれもチャレンジしたいと思います。
[PR]
by d_mitsuda | 2009-06-25 14:00 | ガストン・ネサーン


木の香治療院 院長日記


by d_mitsuda

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
セミナー
はり灸
健康
出産・育児
光線
美容

ガストン・ネサーン
未分類

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧