自閉症の治療

先日、自閉症が食餌療法と環境における化学物質からの完全除去によって治癒に向かった治験をブログにて掲載しましたが、その他の手法でも良い成果をあげている治験がありましたので、ご紹介致します。
(詳細は、「自閉症を含む軽度発達障害の子を持つ親のために」をご覧下さい)

① GFCFダイエット
カゼインとグルテンを完全に除去した食餌療法です。カゼインは、主に牛乳・乳製品に含まれるタンパク質で、グルテンは小麦粉に含まれるタンパク質です。これらは、腸の障害(酵素不足 等)により消化がうまくなされないと、それぞれグリアドーフィン及びケイソモーフィンと言うペプチドのまま体内に吸収されます。これらの物質はアヘン様の作用を持つため、脳機能に悪影響を及ぼし、自閉症を引き起こす要因となります。

②軽度三角頭蓋
軽度三角頭蓋等は頭蓋骨の異常形成の一種で、脳の成長が阻害されます。これを外科手術により治すことで、脳の正常な成長がなされ、自閉症も改善されることが多々あります。

③化学物質の除去
先日のブログにも紹介した通り、住環境等から揮発性の有害物質を除去することで、自閉症を改善することが出来ます。

④水銀の除去
食べ物や予防注射に含まれる水銀が自閉症発症の要因となっており、それを体内から除去することで自閉症を改善に導きます。

⑤視覚機能の正常化
視覚機能と精神や脳の発達には相関があり、視覚機能を正すことで、自閉症の症状が改善されることがあります。
私達の視覚機能は、三次元の物体を見ることで正常な発達を遂げますが、昨今のテレビ(ゲーム)、パソコン等の影響により視覚機能が正常に形成されないため、精神や脳の発達も阻害される場合があります。そこで視覚機能をトレーニングにより回復することで、自閉症の改善が期待されます(実際に改善したケースも少なからずあります)。

いずれの療法も、現代医学(特に日本)では認められていませんが、何よりも大切なのは臨床結果です。医学的根拠を論じるよりも、実際に困っているご家族や自閉症の方の将来を考えると、有効な治験がある以上、多くの人に知って貰い、是非実践して頂きたい内容です。
冒頭にも述べた「自閉症を含む軽度発達障害の子を持つ親のために」は、非常に良い本です。是非読んで頂ければと思います。
[PR]
by d_mitsuda | 2009-08-30 19:39


木の香治療院 院長日記


by d_mitsuda

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
セミナー
はり灸
健康
出産・育児
光線
美容

ガストン・ネサーン
未分類

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧