生命フォーラム ④ ~ 環境ホルモンの提唱者、レイチェルカーソンと私

次の講演者は、放射能汚染測定室プラムフィールド代表の馬場利子氏、テーマは「環境ホルモンの提唱者、レイチェルカーソンと私」でした。「未来のページは『私』が創る」の著者としても知られています。

馬場さんは、長年環境ホルモンについて研究され、またお住まいが浜岡原発に近いことから原発反対運動にも参加され、去年の浜岡原発停止においても大きな貢献をされました。
今回の講演のテーマは環境ホルモンについてですが、原発についてもお話し下さいました。

馬場さんのお話によると、昨年の福島原発の事故の影響は随分と広がっているらしく、松葉に付着した放射性物質の調査では、影響は九州まで及んでいるようです。
なお、中国地方に影響が少なく九州にあるのは、日本海側に飛散した放射性物質が風により九州に運ばれたためとのことでした。

放射能の人体への影響はマスコミや多くの書物に書かれているので改めて書きませんが、遺伝子(染色体)に与える影響は計り知れないものがあると、改めて認識いたしました。
1999年9月30日、東海村で臨界事故が起こりました。その時の犠牲者となった方の染色体の顕微鏡写真と、健康の方の染色体の写真の比較を今回の講演で見せて頂きましたが、その違いに愕然としました。事故に会われた方の染色体は、健康の方の染色体に比べ、形も大きさも全く違うものになっていました。

また、昨年の地震や津波で発生した瓦礫の処理について、疑問を呈されていました。
馬場さんによると、今回の地震で発生した瓦礫の量と、阪神淡路大震災で発生した量は、それ程違いがないにも関わらず、何故今回の瓦礫処理に広域処理が必要なのかと話されていました。
恐らく、瓦礫処理にかかる利権が絡んでいるのでは・・・。

そう言えば、かつてタミフルの使用期限が延びたことがありました。基本的には長すぎると製薬会社の利益になりませんから、短い方が特になります。しかし、2009年にインフルエンザが流行し、タミフルが足りなくなるとの予想から、使用期限が5年から7年に延びました。
国が作る基準とは、あくまでも大手企業や役人・政治家の利権を優先するものだとつくづく思います。
[PR]
by d_mitsuda | 2012-05-18 22:57 | 出産・育児


木の香治療院 院長日記


by d_mitsuda

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
セミナー
はり灸
健康
出産・育児
光線
美容

ガストン・ネサーン
未分類

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧