2009年 11月 03日 ( 1 )

医者のいないところで

昨日も少し触れましたが、デビッドワーナー氏の講演会に、先々週の日曜日に行ってきました。ワーナー氏は、Health Wrights(アメリカの国際保健NGO)代表及びボストン大学国際保健・公衆衛生学部教授を兼任され、これまで世界50カ国以上の保健活動現場の相談・指導に当たられてきました。ワーナー氏の著書「医者のいないところで」は、世界80カ国の言葉に翻訳され、途上国では臨床の現場で、バイブルのように扱われています。

講演内容は、「医者のいないところで」を実践した臨床例かと思っていましたが、冒頭シェリーの詩で始まり、世界(途上国)の現状と、未来に向けてどうすべきか、そんなことを話して下さいました(以下の文章は、当日配られた資料も参考にしています)。
シェリーの詩は、今の世の中を揶揄するのピッタリの詩なので、ここでも紹介しますね。

「Ozymandias(古代エジプトのラムセス2世)の砂漠で朽ち果てた、足だけの『遺体』を、人類の行く末を暗揄するものして読む。このままでは、放漫な王(ファラオ)と同じ運命を人類はたどるのではないか、まさに私たち21世紀の人間は、存亡の危機にある」

この現状を作ってきたのは、富と権力を集中させる一部の巨大勢力だそうです。ちなみに、世界の三大産業は、1位 石油(1.9兆ドル/年)、2位 軍事(1.5兆ドル/年)、3位 麻薬(1.5兆ドル/年)で、どれも世界(環境)を破滅へと導く産業であり、世界の現状との一致に驚きました。

これを打破するには、やはり教育であると述べられていました。それも、これまでのように詰め込み型の教育でなく、自ら考えさせれる「Chain of Causes (原因の鎖)分析」や、「Child to Child」と言う新しい教育のあり方が必要とのこと。
ちなみに、今の詰め込み型の教育は、今の政府組織にイエスマン的に従わせるためのものであり、自ら考えさせるような教育は、政府にとって都合が悪いそうです。

ワーナー氏は、現状にかなり悲観的で、世界がよくなっていく要素はあまり見られてないと言っていました。しかし、先述した良い教育を施し、経済のあり方・民主主義のあり方を変え、情報発信やコミュニケーションとしてのインターネットを活用し、愛や共感と言った霊性に基づいて生き、私達の中にある攻撃性に気付き減らしていけば、未来の可能性はあるかもしれないと話されていました。

講演の後は、ドクター、看護師、当セミナーの主催者を交えてのパネルディスカッションとなりました。幾つか印象に残った話しがありましたが、あるドクターが途上国に赴任したと時、まだ経験もほとんどなく、しかも自分の専門外の病気も診なくてはならなかった為、「医者のいないところで」を見ながら診察と治療をしてきたという話しも、とても興味深かったです。この本は、まさしく医者がいない村でも自分たちで何とか病気や怪我を克服できるように書かれたものです。私も日本語版を買いましたが、一家に一冊あっても良いのではと思います。

そう言えば、協力隊員も、自分の専門外のことを頼まれることがよくあります。私の友人は、アフリカのとある国にコンピューター技師として赴任したのですが、コンピューター技師は電気に関することは何でもできると思われ、エアコンの修理を頼まれした。しかし、さすがに直せなかったそうです。

パネルディスカッションでは、もう一つ興味深い話を聞きました。アフリカのある地方では、子供の頭が陥没していると、親が陥没した部分を口で吸って、形を元に戻そうとしするそうです。ワーナー氏は、それは脱水症なのだから、そんなことをしても意味がないと思いました。しかし、それから暫くして(数年後)、頭に鍼を打ち(棒を立て?)、それに薬草をつけていぶすと、水を飲んだ時の陥没部への吸収がよくなると言うことが分かったそうです。
私の記憶がいま一つ確かでないので、詳細な部分は間違っているかもしれませんが、伝統的なものは何かしら意味があるのだと、話されていました、





[PR]
by d_mitsuda | 2009-11-03 22:55


木の香治療院 院長日記


by d_mitsuda

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
セミナー
はり灸
健康
出産・育児
光線
美容

ガストン・ネサーン
未分類

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧