<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

癌克服のために ~ 食事と心

癌は「生活習慣病」と言われるように、発症には食生活、精神状態(ストレス)が大きく関わっています。添加物まみれの食品、人間の食性(動物が必要とする食物のタイプ)に合わない食事、過度のストレスと言ったものは時間の経過と共に知らず知らずのうちに私たちの体を蝕み、(人によっては)癌細胞を形成してゆきます。しかしこれは、生活習慣を正すことで癌が快方に向かうことをも示唆しています。実際、生活を一新することで癌が治癒に至った症例も数多く報告されています。

そこで今日は、「食事」、「心(のあり方)」がどのように私たちの体に影響を与えているか、癌治療と言う局面においてどんな役割を果たしているのか、お話ししたいと思います。

パキスタンの北西部に位置する山岳地帯に、6000~7000mの山々に囲まれたフンザと言う地域があります。1974年まではフンザ王国と言われ、フンザ国王により統治されていました。1900年代初頭、フンザの人たちは世界で最も健康で優れた体格を持っている民と言われていました。彼らは60マイル(96Km)の道のりを一気に歩き、目的地での用が済むと、そのまま元来た96Kmの道のりを一気に帰って行きました。彼らは体力に優れるだけでなく、気立ても優しく明るくて、とても勤勉だったと当時のフンザ人に関する記録に残っています。

1904年から7年の間、ロバート・マッカリソン医師は、フンザから60マイル離れたギルギット管理区において外科医として勤務していました。フンザの人たちも時にはその診療所に訪れることがありましたが、治療に訪れる理由は、事故による怪我、瞼の形成手術等によるものだけであり、他の欧米諸国において多発していた胃潰瘍等の消化器疾患、癌、不安症と言った病気は皆無でした。マッカリンは、その違いは食事にあると推定しておりました。

1927年、マッカリンはねずみを使った実験を行いました。北西インドの人たち(フンザ人及びフンザ人と同じくらい健康と言われた民族であるシーク人、パサン人)が食べる食事内容を再現したもの(全粒粉で作ったチャパティーまたはパン、発芽した豆類、新鮮な生の人参とキャベツ、週1回の僅かの肉)を1189匹のねずみに与え、誕生から27ヶ月間(人間の55歳に相当)経過した時点で全てのねずみを殺し、解剖しました。その結果、肉眼的にも顕微鏡的にも全てのねずみに病気は全く見られず、また27ヶ月の間、自然死をしたものもありませんでした。

次にマッカリソンは、ベンガルやマドラスの一般的なインド人が通常食べている食事(米、豆類、野菜、香辛料)と同じものを、2243匹のねずみに与え観察しました。すると、副鼻腔炎、胃潰瘍、腸炎、眼球疾患、胃癌、腎臓病、卵巣炎、悪性貧血、心臓病等と言ったありとあらゆる病気が観察されました。更に後の実験で、ねずみにイギリスの貧しい階級の人たちが一般的に食べる食事(白パン、マーガリン、砂糖入りティー、茹でた野菜、缶詰肉、安物のジャム)を与えたところ、神経衰弱や成長低下が起こり、実験開始から16日目で共食いをするねずみも現れました。またフンザの食事を与えられたねずみは、実験期間中、流産したり、生まれたねずみが幼くして死亡することはありませんでしたが、ベンガルやイギリスの食事を与えられたねずみは、流産したり、子宮や卵巣が腫れたり、また出産しても幼くいうちに死ぬことが多々ありました。

フンザの人たちの食事と、一般的なインド人の食事・貧しい階級のイギリス人の食事との違いは何だったのでしょうか。一番の違いは、フンザの人たちは食物全体を食することにありました。例えば人参を食する場合、皮をむかず葉の部分まで食べる、小麦は全粒粉として食べる、野菜を煮た場合は煮汁まで吸うと言うことでした。更に食物を油で炒めると言ったことはせず、出来る限り素材の良さを損なわない調理法で料理していました。食物全体を食べることが大切であることの例は他にも沢山ありますが、もう一つ紹介いたします。

デンマークでは第一次大戦中、アメリカからの輸入穀物が封鎖されたため、これまで家畜の餌としていた穀物を人間の食事に回し、豚や牛を屠殺しました。そのため国民は肉食が減り、食事は緑色野菜、ジャガイモなどの根菜類、粗いフスマ(小麦をひいた時に残る皮のくず)の入った全体食パンへと移行しました。すると、それまでの平均死亡率が160だったのに対し、食事統制の厳しくなたった年では66まで減りました。

人間の食性を考えると、消化酵素がアミラーゼ活性が高いこと、そして咀嚼機能が草食動物の特徴を備えていること等から、ヒトはデンプン(米)を中心とした草食性だと言う事が分かります。
明治の頃、東京大学の教授だったベルツ博士は日本在留中、自分の抱えた車夫2人について肉食と菜食の優劣を比較するために、その2人に菜食(米、馬鈴薯、大麦、粟、ユリその他の野菜)を食べさせ、80Kgの巨躯を乗せ、毎日40Kmの道のりを走らせましたが、元気でそれに耐えました。今度は2人の車夫に肉食をさせたところ、2人は始めは喜んでいましたが、3日目頃から体が疲れて以前のように40Kmの道を曳いて走れないと言い出しました。そこで再び菜食に戻したところ、以前と同じように同様な耐久力を取り戻しました。

これは米食、野菜食の効果の一例ですが、食事を玄米・菜食に切り替えたことで、癌を始め婦人科疾患、多発性硬化症、その他様々な疾患が治癒した例は数多く報告されています。また1977年、アメリカのマクガバン報告において「癌・心臓病・糖尿病の原因は食生活である。食事は伝統的な日本食が理想であり、肉・玉子・乳製品・砂糖などの摂取を控え穀物中心の食生活をするべき」との見解が示されました。

ヒトの食性でも触れましたが、食事の基本は(玄)米・菜食です。そして食物の全体を食べること、身土不二(その土地で取れた旬のものを食べる)、そして素材の質を大事にする調理法(日本の伝統的な調理法)で料理した食事が健康の基本になります。勿論食材は出来る限り有機野菜を使います。それが難しい場合には、せめて日常使う醤油や味噌と言った調味料は、添加物や合成保存料の入っていない1年~3年ほど熟成させた本物の調味料を使うようにします。

なお玄米食を行う場合、良く噛んで食べる必要があります。あまり噛まずに飲み込むと、胃腸に過度の負担がかかり消化不良を起こすこともあります。そのような場合には、玄米のお粥にするか、3分づきや5分づきのお米にするが良いです。また玄米を炊く時に小豆とお塩を入れると、米が柔らかくなり玄米独特の匂いも消え、食べ易くなります。他には玄米を3日かけて発酵させる酵素玄米もあります。酵素に富み、完全栄養食であるため副菜は要りません。癌治療を目的に食餌療法をする場合には、酵素玄米をお勧めします。

ここまでは、食べ物の質について話してきましたが、健康な生活を送るにはを食事の量も大切な要素です。腸管造血説を唱え、様々な難病治癒に貢献してきた故千島喜久男博士は、食事の基本は3S(菜食、少食、咀嚼)の励行と述べています。菜食の重要性は上述した通りですが、十分に咀嚼することで食物が唾液アミラーゼとよく混和し、食塊は小さくなり胃腸の負担も少なくなります。

そして昔から「腹八分目は医者いらず」と言われるように、少食もまた大切な要素です。過食による肥満が、高血圧、糖尿病、心臓病の要因となることは周知のことです。大食は胃腸の負担を大きくし、消化液を希薄にして食物を腸内で腐敗させ、それが体内に吸収され様々な疾患を起こします。逆に腹八分目にすることは、腸内腐敗を防ぎ血液を浄化することに極めて必要なことです。千島博士は、数多くの基礎研究から、癌細胞も含め全ての細胞は血液(赤血球)から形成され、断食等の特殊な環境化においては、細胞は赤血球に戻ることを発見しました。つまり断食を行うことで血液は浄化され、癌細胞も血球に戻るのです。実際、断食や半断食を実践して末期の癌を克服した症例は多数報告されています。

先に(酵素)玄米・菜食による癌の食餌療法を述べましたが、玄米菜食に合わせ、少食(半断食等)の実践も良いと思われます(実際の断食に当たっては、断食道場等のきちんとした管理の下で行うことを勧めます)

最後に、食物の温度について述べたいと思います。私たちの免疫力は体温に依存します。免疫が正しく発揮されるには、体温が37~38度である必要があると言われています。冷たい飲食物を摂取すると、消化酵素が正しく機能する温度まで摂取した飲食物を体内で温める必要があり、それに多大なエネルギーが使われます。また腸管に冷たい物が入ると、腸管は機能低下を起こすことも各種研究から分かって来ました。しかもその量は50mlと言う僅かの飲物で起こります。更に、冷たいものが腸管に入ると、腸内細菌が腸管のパイエル板を通って体全体にばら撒かれ、細胞内のミトコンドリアが機能低下を引き起こし、免疫異常が起きて様々な疾患を発症させます。以上のことから、癌細胞に打ち勝つための免疫力をつけるには(免疫力を下げない為には)、冷たいものの飲食は絶対に避けるべきです。

以上、食事の大切さについて述べてきました。次回は、「心のあり方」についてお話したいと思います。

参考文献:
・「健康の輪」(日本有機農業研究会 発行 G・T・レンチ 著)
・「伝統食の復権―栄養素信仰の呪縛を解く」(東洋経済新報社 発行 島田彰夫 著)
・「血液と健康の知恵―医学革命の書」(地湧社 発行 千島喜久男 著)
・「自然療法が体を変える」(三笠書房 発行 東城百合子 著)
・「座禅断食」(ラダック基金 発行 野口法蔵 著)
・「粗食のすすめ 」(東洋経済新報社 発行 幕内秀夫 著)
・「究極の免疫力」(講談社インターナショナル発行 西原克成 著)
[PR]
by d_mitsuda | 2008-06-28 00:35

四診

一昨日、昨日とシルバメソッドと言うセミナーに参加しました。シルバメソッドは、潜在能力を開発することを目的とするセミナーで、4日間のコースです。はり灸治療を行う上う際の診断力の向上を目指し、参加しました。

東洋医学における診断は望診、聞診、問診、切診の4つからなり、これらをまとめて四診と言います。望診とは、視覚を用いて病態を診断する方法で、現代医学における視診のことです。具体的には患者の動作、表情、目つき、顔の色つや等から判断します。望診は神技とも言われ、最も高度の技量が必要な診察法です。

澤田流鍼灸術を創始した故澤田健先生は、望診の達人と言われました。澤田先生が、ある少年の激しい嘔吐を往診された時、すぐに灸を据えられ、即座に嘔吐が止まった逸話があります。澤田先生は、少年の顔色を見た瞬間に、病態を把握されたのでした。

聞診とは、聴覚と嗅覚を用いて病態を診断する方法です。具体的には、患者の呼吸音、発音、口臭、体臭などから判断します。聞診は聖技と言われ、望診の次に高い技量が必要な診察法です。

問診とは、現代医学における問診と同様で、患者に主訴に関する情報を聞き、得られた内容から病態を診断する方法です。問診は別名、工技とも言われます。

最後に切診ですが、施術者の手指の感覚により病態を診断する方法です。具体的には、患者の手関節付近の脈(脈診)やお腹(腹診)に触れることによって病態を判断します。切診は巧技とも言われ、聞診の次に高い技量が必要な診察法です。

私が師事した故黒田嘉隆先生は、切診(脈診)の達人でした。黒田先生は、患者の手関節部の脈を診るだけで、患者の病態だけでなく、その方の様々な生活習慣を当てられました。1970年頃、松下幸之助氏の調子が黒田先生の治療院に来院され、黒田先生は脈を診ただけで、他のどのお医者様も診断で出来なかった脳梗塞を発見されまたと言う逸話があります。

東洋医学において病態を把握する際は、これらの四診を駆使して行う必要があります。シルバメソッドの訓練を通じ潜在能力を開発していく中で、観察力や直感力も向上していきます。四診の中では、特に望診力の向上が期待されます。

セミナーの内容は今週末のトレーニングが終わってから詳述しますが、更なる診断力の向上に繋がればと思います。
[PR]
by d_mitsuda | 2008-06-23 21:19 | はり灸

椎間板ヘルニア

背骨は、椎骨と言う小さな骨が積み重ねって出来ており、椎骨の間にはクッションの役目を果たす椎間(円)板があります(写真は、「カラー人体解剖学」(西村書店 発行 F.H.マティーニ 他著)より抜粋)

b0140293_2135092.jpg

椎間(円)板は、周辺部が軟骨性の線維輪と中央がゼリー状の髄核から出来ており、椎間板ヘルニアとは、この髄核が線維輪に生じた裂隙を通って脱出するか、または線維輪を伴って外周に膨隆した病態を言います。
b0140293_2136365.jpg

原因は、加齢による退行性変性や、外部からの持続的・反復的な圧力や急激な衝撃によって起こり、この飛び出た髄核が脊髄神経を圧迫し、腕や脚の痺れや痛み、運動麻痺等の症状を起こします。

椎間板ヘルニアは疫学的には若い人に多く、(病態や程度にもよりますが)はり灸治療は適応となっており、大概の場合数回の治療で症状は緩和します。そこで今回は、何故はり灸治療が椎間板ヘルニアに効果を発揮するのか、その機序について妥当と考えられている2つの説について説明します。

まず1つ目は、はり灸治療の血流の改善効果です。血流の改善によって亀裂の生じた線維輪部に毛細血管が新生され、そこから新しい組織(線維輪)が再生し、壊れた椎間(円)板が修復するのです。

2つ目は、はり灸治療の免疫力向上効果です。はり灸治療によって免疫力が向上すると、飛び出した髄核が免疫細胞の食作用によって吸収され、ヘルニアが元の状態に戻ります。

なお、血流改善及び免疫力向上のいずれの機序にしても、患部を温めることは治療効果の促進と言う意味において大切なことです。自宅にて養生する場合には、(低温火傷に注意しながら)患部にホカロン等を貼っておくのも効果的です。
[PR]
by d_mitsuda | 2008-06-14 21:52 | はり灸

アニマル・セラピー

一昨日の昼休み、近くの公園に散歩に行くと、移動動物園が来ていました。そこには、ポニー、羊、やぎ、うさぎ、ひよこ等の動物が見られ、家族で遊びに来ている人たちもたくさんいて、子供達は動物たちとの触れ合いを楽しんでいました。

動物には人を癒す力があります。1980年にフリードマンらが発表した研究報告によると、心筋梗塞の発作後1年たった患者たちの延命率は、ペットを飼っている患者の方が、飼っていない患者に比べ3倍も生存率が高いことが分かりました。

その他、施設内に犬を飼うようになった特別養護老人ホームでは、4割いた寝たきりの入居者が0になったり、犯罪性のある精神障害者がペットの世話をすることで暴力をふるうことが減ったりした等と言う報告もあります。更には、情緒障害児の治療にもアニマルセラピーは効果を発揮しています。

帝京科学大学 アニマルサイエンス学科の横山章光准教授は、その著書「アニマル・セラピーとは何か (NHKブックス)」の中で、アニマルセラピーの効果として以下を挙げています(上述の臨床報告も同書より抜粋)。

1)生理的利点
①病気の回復・適応、病気との闘い
②リラックス、血圧やコレステロール値の低下
③神経筋肉組織のリハビリ(特に乗馬療法)

2)心理的利点 (一部抜粋)
①元気付け、動機の増加、活動性・感覚刺激
②リラックス、くつろぎ作用
③達成感(特に乗馬療法)
④ユーモア、遊びを提供する

3) 社会的利点(一部抜粋)
①社会的相互作用、人間関係を結ぶ(触媒効果・社会的潤滑油)
②集団のまとまり、協力関係

私も4年程前、3ヶ月だけ犬を飼っていたことがありましたが、疲れて遅く帰宅しても、犬がいることで癒されたものでした。

また横山章光准教授の上記説明より、動物(ペット)の存在は、心身面における癒しと言うだけでなく、人間関係の潤滑化にも寄与していることが分かります。実際、初対面の人とでも、そこに動物がいると会話が弾むそうです。父の会社には「まさる」と言う名のメタボな猫がいますが、この猫が社員間のコミュニケーションの良い潤滑剤となっています。

勿論、いいことだけではありません。ペットを飼うとすれば、時には死とも直面することがあり、人によっては悲しみのため病気になってしまうこともあります。しかし、それをうまく乗り越えれば、より深みのある人間になれると言います。

皆様も心身面において何か優れないと言うことがありましたら、動物を飼うのもいいかもしれませんね。飼うまでできなくても、動物園に行くだけでも何か変わるかもしれません。
私も近いうちに動物園にでも言ってみたいと思います。

最後に、ブータン唯一の動物園で飼育されている動物の写真を掲載します。ターキンと言い、ブータンの国獣です。
b0140293_22322811.jpg

[PR]
by d_mitsuda | 2008-06-09 22:39

後悔しない生き方

今日、学生時代の友人から数年ぶりにメールがありました。悲しいことに、共に学んだクラスメートが亡くなったと言う知らせでした。まだ40歳と言う若さで。残念でなりません・・・。

菅谷昭と言う医師が居ます。チェルノブイリ原発事故で傷害を受けた子供たちのために、大学助教授の座を捨て単身ベラルーシ共和国に乗り込み、多くの人たちを救っている医師です。NHKのプロジェクトXでも紹介されたので、知っている方も多いのではないでしょうか。彼がベラルーシ行きを決めたのは、「いつ死んでもいいように、後悔しない生き方をしよう」、その一念だったそうです。菅谷先生の著書「チェルノブイリ診療記」も是非お勧めです。

クラスメートの突然の死を知り、ショックと共に、改めて菅谷医師の言葉を思い出しました。今出来ることを後回しにしない、折角頂いた命、一分一秒でも無駄にしない生き方をしたい、そんな風に思います。そして亡くなったクラスメートの冥福を心よりお祈り申し上げます。
[PR]
by d_mitsuda | 2008-06-05 21:31

祝初投稿!

本日ブログを開設し、これが初投稿となります。そこで初投稿を記念して、私が治療家(鍼灸師)になるに至った経緯について書こうと思います。

私が医療の世界を意識するようになったのは、小学生の時、手塚治の「ブラックジャック」と言う漫画を読んでからでした。知っている人も多いと思いますが、ブラックジャックとは、法外な診療費を取るものの、患者さんからは絶大な信頼があり、いかなる難病も解決できる腕を持つ外科医です。その漫画を読み、私も病に苦しむ人たちを救いたいと言う思いを抱くようになり、医療の世界を志すようになりました。

しかし高校生、大学生の頃になると、父が事業家であることの影響を受け、企業経営に興味を持つようになり、大学卒業後は外資のコンサルティング会社に就職しました。そこでは7年間に亘り、他の会社(クライアント)様の業務効率化等に携わる仕事をしました。忙しくも充実した日々でしたが、やはりダイレクトに人に関わる仕事がしたいと言う思いが根底にあり、ふと電車内で目にした「青年海外協力隊」の募集広告が目に入り、その後幾つかの縁が重なり、コンサルティング会社を退職してブータンに赴任することになりました。

ブータンでは会計監査院と言う政府系機関に配属され、そこのウェブ構築や備品管理システムの設計、及び現地の人たちへの技術伝達等を行いました。約3年近くブータンにいましたが、そこで興味を引いたのはブータンの伝統医療でした。ブータンの医療機関は大きく西洋医学系の病院と伝統医療系の病院の2つに分かれます。伝統医療系の病院では、鍼と漢方により治療がなされます。鍼や漢方でも多くの病気が治ることを知り、その分野に興味を持つようになりました。

またブータンは敬虔な仏教国で、僧侶は修行に励み、国民から敬愛されています。全ての僧侶ではありませんが、希望する者は「3年、3ヶ月、3週間と3日」と言う長い間、修行部屋に入り、あらゆる他人との接触を避け(食事の出し入れは扉の隙間を通し)、ひたすら修行に励むと言う修行を行います。その修行を通し、僧侶の中にはいわゆる超能力と言われる特殊な能力を身に着ける人もいます。

私はブータン赴任前に「成瀬ヨーガ教室」に通っていました。その教室には成瀬先生の空中浮揚の写真が飾ってあり、人間の持つ可能性の大きさに感嘆したことがあります。また同時期に通っていた「速読教室」の佐々木先生のお話から、「精神と人間の可能性」そして「精神と健康」の関係の深さを知り、気持ち1つで奇跡と思えるようなことも出来るし、病気も克服し得る事をことを知りました。

そのようにヨーガ教室や速読教室での経験、そしてブータンでの経験が相まって鍼灸治療の世界、健康をも左右する精神面について興味を持つようになり、再び医療の世界に、鍼灸師を目指すようになりました。

今後は更に研鑽を積み、いつかパッチアダムスのように、体だけでなく心(精神)も癒せるような治療家になれればと思います。
[PR]
by d_mitsuda | 2008-06-01 14:41


木の香治療院 院長日記


by d_mitsuda

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
セミナー
はり灸
健康
出産・育児
光線
美容

ガストン・ネサーン
未分類

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧