<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

研修修了

前回の投稿から早11日も経ってしまいましたが、アントロポゾフィー医学研修会は7月26日(土)に無事修了いたしました。

研修プログラムは、参加年次や職種(医師、看護師、薬剤師)によって異なりますが、1年目の私の場合は以下のスケジュールとなりました。

①AM8:00~9:15 オイリュトミー  (エネルギー体と繋がるダンス)
②AM9:15~9:45 オイリュトミーの解説と、今日一日の研修に関する解説
③AM10:00~11:00 現象学 (自然の観察)
④AM11:15~12:30 グループ別読書会 (「第6章 血液と神経」について)
昼食
⑤PM14:30~15:30 芸術療法(絵画、音楽、オイリュトミーの中から一つ選択)
⑥PM16:00~18:30 アントロボゾフィー医学に基づいた症例報告と講師による解説
夕食
⑦PM19:40~20:15 合唱と一日を振り返って(研修報告)
⑧PM20:15~21:30 社会的次元における予防と環境のための医師の役割と任務
就寝の歌の鑑賞会

上記プログラムが7月21日(月)~25日(金)まで行われました。

オイリュトミーとは、エネルギー体に働きかけるダンスです。ドイツ語の各種アルファベットを体を使って表現します。例えばO(オー)と言う文字は、両腕を使って抱きしめるような格好をします。これは、「人間を魂として表現する」文字であり、肉体と魂の結びつきを高める文字(ダンス)です。実際の臨床においては、疾患(病態)に応じて幾つかの文字を組み合わせ、そのダンスをします。例えば乳癌の場合、O E M L I B D と言う文字のダンスをします。

私は芸術療法としてオイリュトミーを選択しましたが、潰瘍性大腸炎、鼻炎、癌等に対するオイリュトミー療法が紹介され、実際の臨床においては、それぞれ好成績を収めているとのことでした。

今回の研修はどれも内容が濃く、興味深いものでしたが、夕食後のミヒャエラ グレックラー氏による「社会的次元における予防と環境のための医師の役割と任務」も素晴らしいものでした。私たちが住む社会は、「環境問題、格差社会、食糧問題、物価上昇等」様々な問題を抱えています。これはつまり、社会が病気を起こしていることに外なりません。病気が対象であるならば、私たち医師こそが社会問題を解決するのに適している、社会の病理を解明し治癒に導く責任がある、とグレックラー氏は話されていました。初めて聞いた時には突拍子も無い考えだと思いましたが、何度も聞いていくうちに、共感せずにはいられませんでした。私も治療家として、何かしらその役割の一端を担えればと思っています。

7月26日(土)の研修最終日には、当初予定になかった帯津三敬病院の帯津良一先生とミヒャエラ グレックラー氏の対談が実現しました。これは、今回の研修地となった水輪のオーナーである塩澤みどり様の力添えによるものでした。対談は、研修参加者からの質問に両氏が答えると言う形で進みました。帯津先生の考える医療とアントロポゾフィー医学の相違点・共通点、今後の医学教育のあり方、等について両先生の話を聞くことができ、今後の私の治療のあり方について参考になりました。

そう言えば、この度の研修では不思議な縁に恵まれました。以前、サクラメントにあるシュタイナー学校を訪れた際に会った方と、再会することが出来ました。また、ブータン赴任前に一度お世話になったことがあるドクターとも再会することが出来、しかもグループ別読書会では同じ班になりました。

帯津先生との対談も不思議なことが重なりました。研修生の中に帯津先生にそっくりな方がいて、研修初日にその方を見た時、「あ、帯津先生も研修に参加されたんだ」と驚いた記憶があります。実際にはその方は帯津先生ではありませんでしたが、上にも書きましたが、なんと帯津先生とグレッグラー氏の対談が実現したのです。

知人やお世話になった方との再会にしても、帯津先生の対談にしても、不思議な縁だとつくづく思いました。

次回のアントロポゾフィー医学研修会は、来年のゴールデンウィークに開催が予定されいます。来年も是非参加したいと思います。
[PR]
by d_mitsuda | 2008-07-31 22:11

アントロポゾフィー医学研修会初日

今日からアントロポゾフィー医学研修会のため、信州は長野県にある水輪と言う研修所に来ています。水輪は、代表である塩沢夫妻が障害を背負った娘さんのために作った施設で、生命を磨く研修所として様々なセミナーに利用されています。

アントロポゾフィー医学とは、20世紀初頭に活躍した偉大な哲学者ルドルフ・シュタイナーによって創設された医学で、シュタイナー医学とも言われています。人間の霊性面から病気を捉え、診断及び治療も霊性に重きをおいて行い、精神疾患だけでなく様々な疾病治癒に効果を発揮しています。

今年で5回目を迎えるアントロポゾフィー医学研修会は、主に医師を対象としていますが、薬剤師や看護師などの医療従事者も多数参加しており、鍼灸師は私を含めて2名の参加でした。講師は、スイスのドルナッハにあるアントロポゾフィー医学の本部から、ドイツ人の専門医を招きました。そのため講義は通訳を通して行われます。

今日は14:00からオリエンテーションと開会式があり、その後、アントロポゾフィー医学における癌治療の実際に関する講義ありました。アントロポゾフィー医学では癌治療に薬剤として宿木を用いており、一般的な抗がん剤に比べ治療効果が高く、しかも副作用がないことが評価されています。但し、日本では認可されていない薬剤であるため、日本のアントロポゾフィー医は個人輸入により自由診療でこの薬剤を使っています。丸山ワクチンの時もそうでしたが、患者のための医療であると言うことを、日本の医学においてももう少し考えて貰えればと思います。

夕食の後は、「医師の社会的役割について」と言うタイトルで講義が行われました。人間を物質的存在としての肉体だけでなく、エーテル体、アストラル体、自我、そしてそれらの頂点に立つ人生観(Spiritual Orientaition)と言う5つの側面から捉え、病気の治療と予防を行っていくのです。これらは互いに影響しあってるため、どれが一つが壊れても他のエネルギー体に悪影響を及ぼします。アントロポゾフィー医学では、これら全てを対象とし、病気治療を行います。

明日からは本格的な研修が始まります。また空いた時間を見つけて、その内容をブログにアップしたいと思います。
[PR]
by d_mitsuda | 2008-07-20 22:18

酵素玄米

今日は酵素玄米を炊きました。酵素玄米とは、無農薬玄米に小豆とお塩を混ぜて圧力鍋で炊き、3日間かけて醗酵・熟成させた玄米ご飯のことです。酵素たっぷりで完全栄養食のため、基本的には副菜は要りません。

酵素玄米の炊き方は以下の通りです。
① 一升の玄米と半合の小豆を水でよく洗います。
②洗い終わったらお米と小豆を専用の鍋に入れ1升の水を加え、小さじ山盛り一杯のお塩を加えます。お塩は専用のサンナトリウム、お水は天然水を使います。私は体に良いとされる超水を使っています。
③醗酵がうまくいくよう静電気を発生させないようにするため、手を使わず専用の泡だて器で右回りに5分間、お米をかき混ぜます。この右回りが重要です
④専用の圧力鍋にお水を1.5合加え、お米の入った鍋ごと圧力鍋に入れ、7分火で25分間炊きます。すると、圧力鍋蓋に取り付ける蒸気逃がし口蓋が動き出します。
⑤そのまま13分炊き続けると、蒸気逃がし口蓋が止まります。
⑥火を5分にして15分間炊き続けます。
⑦火を止め50分間むらします。
⑧むらしが終わったら、専用の電子ジャーにご飯を移し3日間熟成させれば完成です。その間、1日に1回、天池返しを行います。
b0140293_046188.jpg

ご飯がなくなる3日前くらいに新しくご飯を炊きます。そうすることで、酵素玄米を途切れずに毎日食べ続けることができます。
写真左の濃い色のご飯が熟成4日目のご飯です。写真右の薄い色のご飯が、炊き立て(むらし後)のご飯です。熟成・醗酵させている間に、こんなにも色が変わってくるのです。これだけ時間をかけて炊くと、一粒一粒がとても可愛く感じます。今回も美味しく炊き上げられていたらと思います。

酵素玄米は、通常の玄米と違って臭みがなくて軟らかく、消化によく、しかも酵素及び栄養に富んだご飯です。そのため、酵素玄米食を実践した多くの方が、病から救われています。皆様も良かったら試してみて下さいね。
[PR]
by d_mitsuda | 2008-07-16 01:09

噛み合わせ

今日は2ヶ月ぶりに歯の噛み合わせの調整のため、歯医者に行ってきました。私が通院している歯医者さんは茅場町にある福岡歯科で、理事長である福岡先生とは(患者として)9年来のお付き合いです。

実は、私が無事ブータンに赴任できたのも福岡先生のお陰です。青年海外協力隊に行く条件の一つに、「現地で生活し得るだけの健康を有すること」と言うのがありますが、実はこの健康、歯の健康も含んでいます。協力隊試験に合格し、ブータンに行くことも決定していたのですが、歯の状態が悪かったため、日本で行う3ヶ月の赴任前訓練(語学訓練)開始日までに、歯を治すことがブータンに行くための条件となっておりました。

それまでの私は、長年歯の痛みに悩まされ、大学病院をはじめ色々な歯医者を幾つも回りましたが、治らず随分と苦しい日々を送っていました。良い歯医者はないものかと探していたところ、ふと本屋で手にしたのが福岡先生の著書「驚異の波動医療」でした。すがる思いで先生のところに通い、様々な無理を聞いて貰って治療を受けたところ、なんと長年の歯の痛みが治ってしまいました。しかも、10年以上も続いていた肩凝りまで取れてしまったのです。歯の噛み合わせが全身に影響を及ぼすことを知ったのは、この時でした。

そう言えば、「特命リサーチ200X」と言うテレビ番組で、犬の奥歯を抜いたらどうなるかと言う実験をしたところ、何とその犬は数ヶ月後片足が宙に浮いたままの上体になり、歩けなくなってしまいました。また、別のネズミの実験では、片側の歯を削ると、背骨が曲がってしまいました

さて、本日の歯科治療に話は戻りますが、診察を受けると歯の噛み合わせがずれていることが分かりました。早速調整していただくと、ここ最近何となく疲れやすいと感じていたのがすっかり軽快致しました。歯の噛み合わせの大切さを改めて感じた時でした。ブータン赴任前のご恩も含め、福岡先生にはただただ感謝です。
[PR]
by d_mitsuda | 2008-07-10 22:41

KOCV定例会と友人との再会

青年海外協力隊神奈川県OB会(KOCV)のスタッフの集まりがあり、横浜のみなとみらいに行って来ました。定例会は月1回開催され、地域ボランティアや国際協力等、様々な取り組みについて議論します。

今回の議題は、10年と言う長期に亘って遂行される「かながわ森林再生プロジェクト」、毎年日比谷公園で行われるグローバルフェスタ、在日外国人へのサポート、ビーチクリーン作戦等全部で10項目について議論しました。

ビーチクリーン作戦は、辻堂海岸ビーチの清掃活動のことですが、今年で2回目になります。今年は8月2日に行われ、午前中1時間清掃活動した後、協力隊OBと共に交流会を行います。土曜日は残念がなら診療日のため私は参加できませんが、興味のある方はinfo@kocv.sakura.ne.jp までお問合せ下さい。協力隊クイズ等、イベント盛りだくさんです。

定例会の後は近くのレストランで食事を取りました。リップトレーニングが美容(小顔、しわ・二重あごの解消、ダイエット)にとても効果があるとの話しをしたところ、女性の方は大変興味をもって聞いてくれました。

私は学生時代の友人と渋谷で待ち合わせをしていたので、お茶だけ飲んで早々に帰りました。友人と行った渋谷のお店はタイ料理屋のサワディー。味も雰囲気も良く、値段も手頃で、学生時代にはその友人とよく行ったものす。そこの料理はどれも美味しいですが、中でも私が好きなのは「生春巻き」と「トムヤムクン」。タイ料理屋を含めアジアン料理屋では生春巻きは必ず注文するのですが、私にはサワディーの生春巻きが一番美味しく感じられます。

何でもその友人は、最近、アパルトヘイトを開放したネルソン・マンデラの映画を見て、偉く感動したそうです。その映画を見て以来、ネルソン・マンデラが友人にとって最も尊敬する人物になったとのこと。そんなに素晴らしい映画なら私も是非見たいと思いネットで調べてみたところ、もう東京では開演しておらず、近くでは千葉で9月下旬から公開されます。休みがうまく取れれば、千葉まで行こうと思っています。

楽しい時間は過ぎるのが早く、友人との久しぶりの再会もあっという間に3時間が過ぎてしまいました。また近いうちに会えればと思います。
[PR]
by d_mitsuda | 2008-07-07 01:39


木の香治療院 院長日記


by d_mitsuda

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
セミナー
はり灸
健康
出産・育児
光線
美容

ガストン・ネサーン
未分類

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧