<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Grundeinkommen

私が所属しているメーリングリストに、以下のような投稿がありました。
転送自由だと言う事でしたので、ブログに載せます。
ドイツでの試み、凄いなぁーと思います。日本にこのまま適応できるかどうかは分かりませんが、このように国民の幸せを本気で考える政治家が、日本にも居て欲しいと切に願います。

-----------
昨年は何と言ってもバラク・オバマがアメリカ大統領選挙で当選したことが世界中の注目を集めましたが、それを期に、多くの人々がそれに至るまでの長い歴史を振り返り、そしてその長い歴史の中で、時代の波や人間の欲望に埋もれている真実を確信し我が身を捧げてその真実の為に運動してきた人々の姿を思い起こしました。そうした人々の生前にはその真実は実現しませんでしたが、その人たちの努力が無ければ今回のオバマの大統領就任もあり得ませんでした。

所は変わりここドイツでは、やはり長い歴史の間に幾人かの人々の頭をかすめてきた社会制度についてのある考えが、ここ数年来、かなり現実的な形になって芽を吹こうとしています。

『Bedingungsloses Grundeinkommen』- 無条件で赤ん坊から老人まで、全ての国民に最低限の生活に必要な資金を無償で支給するという、画期的な社会福祉制度の構想です。
これにより、賃金を得る為にしなければ『ならない』労働から人間を解放し、束縛の無い環境の中で、一人一人の人間が各々の持つ才能や長所を生かした本当に『やりたい』職業に就くことを可能にして社会の活性化を図ろうとする人間の尊厳を重んじた制度です。

そう聞けばまずは「それは素晴らしいことだ!」と多くの方々が賛同して下さるとは思いますが、同時に「どこからそんな莫大な資金が調達できるのか?」「そんなことしたら誰も働かなくなってしまうのではないか?」等という様々な懐疑的な考えが生じることも拒めません。

そんな疑問を持つ方にも納得して頂くことの出来る、この無条件の生活基本金をテーマに扱った100分の映画が昨年スイス/ドイツで製作・公開され、ささやかではありますが話題を呼んでいます。又これは既にDVDとしても出回っています。
大変良く構成された映画で、今までこのことを全く知らなかった方が御覧になっても、又税金制度や福祉制度が異なる日本で御覧になっても、この新しい社会改革思想の背後に隠れる真実が浮き彫りになると思います。

私も昨年この映画を見ましたが、同時に「日本語に訳して日本の様々な方にまずはこの思想に出会って頂きたい。」と思うようになりました。
運命というのは面白いもので、この映画の製作者とコンタクトをとろうと考えていた矢先に、日本でもこのテーマに取り組む方々やグループが既にあることを知りました。
それが勇気付けとなり、この度私は映画製作者とコンタクトをとりこの映画を日本語に翻訳したい旨伝え許可を得ました。

そして手始めとしてこの映画の紹介フィルム(6分17秒)の翻訳を行い、このたび日本語字幕付きで御覧頂ける様になりました。
日本でGrundeinkommenは『ベーシック・インカム(Basic income)』という英語で呼ばれ定着しているとの御教示を頂きましたが、私は敢えて『無条件・万人平等・生活基本金』という長い日本語で、今まで何も知らなかった人たちが題名を見ただけで「ハッ!」と興味を持たれ、説明無しでも理解出来る様に願いを込めてこのような訳を選びました。

さてここで、このメールを読んで下さっている方々への心からのお願いです。

映画製作者の希望として、まずはこの紹介フィルムを日本のウェブサイトやリンクで公開して頂き、反応を見たいということです。日本でどのくらいの方が根本的にこの無条件万人平等生活基本金給付制度/ベーシック・インカムに賛同して下さるのかが大雑把にでもつかめてから、オリジナルフィルムの日本語版製作にかかろうではないか…という話になっています。

そこで、まずは皆さんに紹介フィルムを御覧頂いて、そして宜しければ日本のインターネットでの公開の手助けをお願いしたいのです。そういうことをした経験の無い私にはどうやれば良いのか全くわかりませんので…。

もし題名や紹介フィルムの簡単な説明が添えられるのであれば下記のようにしたいと思います。

映画【無条件万人平等生活基本金(ベーシック・インカム)】紹介フィルム(日本語字幕付き)Grundeinkommen Trailer Japanisch/Basic income trailer japanese

ドイツでは市民運動にまで展開し、日本でもベーシック・インカムという呼び名で定着しつつある条件無しで全ての民に平等に支給される生活基本金をテーマを扱った史上初のフィルム。これにより自発的な個人の創造的生活がより豊かになるのか、それとも業績社会が破滅に向かうか?どのようにその資金を都合するのか?様々に問いかけながら斬新な考えを提示し、共に考えてゆく機会を与えます。これを御役所的に硬く考えずチョッと気楽に考えてみましょうよ。無条件万人平等生活基本金はヤル気の出る新しい力を全ての社会領域にもたらすことが出来ます。勿論都合の良いことばかりではなくタブーな話題も隠れずに登場します。所要時間は6分17秒です。

さて、上記の紹介文の冒頭に出てくる『市民運動』について少し書かせて頂きます。

昨年、税金制度の変更で月々の育児控除が2.5000円も減ってしまった北ドイツに住む2児のお母さんが勇気を振絞ってクリスマス前にドイツ連邦議会・つまり国会にこの税金制度変更の撤回を求めた請願書を提出しました。ドイツでは請願書が受理されるとオンラインの署名名簿に登録され、2ヶ月以内に5万人の署名が集まれば連邦議会で議題として取り上げられることになるのです。
そのお母さんはその請願書を提出する手続きの際に無条件万人平等生活基本金の思想と出会い、月々大人18万7500円・子供12万5000円の無条件万人平等生活々動基本給付金制度の導入を検討するよう第2の請願書を提出しました。クリスマス休暇をバイエルン州で過ごした彼女が家に帰るとドイツ連邦議会から手紙が来ていて『税金制度変更の撤回』の請願は却下、『無条件万人平等生活基本金』の請願は認可…という、彼女にとっては思いもかけない展開となり、彼女はたちまち『時の人』となりました。これを知ったこの運動に関わる人々はお互いに連絡を取り合い、幸運なことに期限最終日であった先月の17日に署名は52973に達しました。無論私もこの中に入っています。請願書を提出した若いお母さんにとっては正に晴天の霹靂のような出来事だったでしょう。

現在この請願書は諮問委員会で審議中で実際に連邦議会に議題として上がるまでには時間がかかるようですが、ドイツにおける無条件万人平等生活基本金給付制度導入への運動は、市民運動としての新たな段階を迎えたと言えるでしょう。今後このテーマは一般の人々の意識の中に益々広がってゆき、賛成するにしても反対するにしても人々はこのことについて考えるようになります。これは画期的なことです! 

自分たちのたった一つの署名が、そして小さな努力が、未来へ向かう大きな流れとなってゆくのを実感出来ることは大きな喜びであり、またそれによって勇気が得られます。その勇気を以て今回、この人類の未来を築く社会制度改革としての無条件万人平等生活基本金給付制度の普及の為の御手伝いをお願いするメールを送らせて頂きました。

さて肝心な紹介フィルムですが、を開いて頂くと太ったおじさんが写っている画面が出てきます。その画面の下側・やや右よりの『German「100%」』というところを『Japanese「100%」』に変えていただくと紹介フィルムは自動的に始まります。字幕が写る時間と行数の関係で、意味を変えずに極力短く簡潔にしなければなりませんでしたので多少苦労致しましたが、フィルムの内容と様子が判って頂ければ幸いです。

それでは、皆様からの反響を楽しみにしております。どうもありがとうございました。
[PR]
by d_mitsuda | 2009-03-13 20:55

一般的に痔と言われる病気は、正式には、痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻の3つに分類されます。

痔核(いぼ痔)とは、肛門管の静脈にコブ(静脈瘤)が出来た状態を言い、歯状線(肛門から体の内側に2Cmのところ)より体の内側に出来るのを内痔核、歯状線より肛門の縁側に出来るのを外痔核と呼びます。便秘等により排便時に長時間力を入れたり、妊娠晩期や分娩、長時間の坐位等により肛門管の静脈がうっ血すると、痔核が発症しやすいと考えられています。
治療は、症状に応じ、薬か手術で対応することになります。

裂肛(切れ痔)とは、肛門部に生じる裂創(切り傷)や潰瘍を言い、歯状線から肛門の縁までの間に生じます。痔核同様、便秘等により排便時に大きな力を入れたりすると、痛みと出血を伴って急性の裂肛が生じます。排便時の不良や、同部の感染があるものは、時に慢性化し潰瘍となります。
急性の場合は、軟膏、座薬などで軽快しますが、慢性化すると手術の必要が生じます。

痔瘻とは、肛門管と肛門周囲の皮膚にトンネルが出来た状態を言います。例えるならば、肛門のそばに、もう一つ肛門が出来てしまった状態です。原因としては細菌感染が考えられ、症状としては痛みや分泌物の排膿が見られます。治療は、手術となります。
(下記写真において、原発巣が細菌感染し、そこからトンネルが発生します)。
b0140293_11365612.jpg
(「病気がみえる1 消化器 第3版」(メディックメディア 発行)より転載)

これら3つの痔は、鍼灸治療も著効を示すことが多いです。
「孔最」と言う腕のある経穴(ツボ)は、症状緩和(消失)、病態治癒の特効穴の一つとされています。
私の友人(鍼灸師)は、仕事中(治療中)、痔(裂肛)の症状が悪化し、激しい痛みが出てきました。その時、自分で「孔最」に鍼を刺し、暫くそのままにしたら痛みが消失し、仕事(治療)を再開することができました。
また「承山」と言うふくらはぎにあるツボは、痔瘻の特効穴とされています。別の鍼灸師の友人は、このツボを自分自身に刺したところ、数回の治療で痔瘻の症状がほとんどなくなり、穴(瘻)も塞がってきたと話していました。

勿論、孔最にしても承山にしても、これ単独で用いず、全身治療の中の一環として使用した方がより効果が高いですが、これら一穴でも上記のような効果があります。

痔に悩む方がいらっしゃいましたら、手術の前に、一度鍼治療を受けるのも良いかもしれませんね。
[PR]
by d_mitsuda | 2009-03-07 12:25 | はり灸

旧友との再会

毎週水曜日の午前中は、中医学の勉強会のため、新宿まで通っています。昨日も新宿まで行き、勉強会を終え勉強会場から外に出ると、なんと前の会社(アクセンチュア)の同僚(同期入社)が目の前を歩いていました。早速話し掛けると、彼も驚いた様子でしたが、30分後に新宿で打合があり、マックで時間をつぶそうとしていたところでした。折角の再会、私も多少時間があったので、一緒にお茶することにしました。

彼とは、入社して一番初めのプロジェクトで一緒になりました。そのプロジェクトは、名古屋のある企業の業務改革に関するものだったのですが、多い時で200人ほどのアクセンチュアーのコンサルタントが携わりました。私は会計システムの構築、友人は人事管理システムの構築を担当していた記憶があります。
その後、様々な縁に導かれて私は鍼灸師の道を歩みましたが、彼も独立し、個人でコーチングの仕事をしていて、中小企業の人材開発やモチベーション管理等の指導及びコンサルティングをしているとのことでした。また、どこかの大学で、人事管理に関する講師もしています。

30分にも満たない短い時間でしたが、やはり友人とはいいものです。楽しい時間でしたし。良い励みにもなりました。

彼と別れた後、電車に乗って綱島駅に着くと、なんと鍼灸学校時代の同級生が駅のホームに居ました。彼女はこれから電車に乗ろうとしていたので、話しは出来ず、挨拶だけでしたが、旧友との連続した再会に驚きました。

治療院に着き、ポストを見ると、知人から手紙が来ていました。知人や友人とのコンタクトが1日に3回も続くとは、昨日は特別な日だったのかもしれません。今度はじっくり時間を取り、彼らとゆっくり話をしたいと思います。
[PR]
by d_mitsuda | 2009-03-06 01:19

ケイ・ミズモリの講演会

先週の土曜日、ケイ・ミズモリのセミナーに行って来ました。セミナーは2部構成で、1部では彼自身がジャーナリストとして活動してきた各種調査内容に関する報告、2部では彼が翻訳に携わった本に記載されている事項について、話してくれました。その中で特に興味深かったものについて記述いたします。

アイルランドには、ラウンドタワーと言われる石造りの円塔があります。ヨーロッパの先住民族ケルトによって建てられ、高いものは40m程の高さになります。用途は様々言われていますが、事実として、ラウンドタワーのある地区の植物は、無い地区の植物に比べ、発育が格段に優れています。そのため牧場主が、自身の牧場に生えている牧草でなく、ラウンドタワーの回りに生えている牧草を食べさせに、わざわざ牛を移動させることもあるそうです。

かつてそれを研究した科学者がいて、ラウンドタワーのミニチュアの模型を作って回りに植物を植えてみたところ、模型を置いていない所の植物に比べ、発育が良いという結果が得られました。植物は、ラウンドタワーに向かって放射状に伸び、そしてラウンドタワーの北側にある植物ほど、発育が良好でした。

宇宙からは、太陽光を含めた主に2種類のエネルギーが地球に照射されています。1つは、日中に得られる太陽エネルギー、もう一つは銀河系の中心から照射され夜間に得られる波長14.6mの電磁波エネルギーです。
つまり、ラウンドタワーは、これらのエネルギーを蓄積し、それを大地に放出する機能を担っているのではないか、そんな風に推論されます。だからこそラウンドタワーの回りの植物は発育が良いのだと。
エジプトのピラミッドやオベリスクも、同様な先端の形状(四画錐)を持っていることから、ラウンドタワーと同じような役目を持っていたと考えられます。ピラミッドパワーとは、実は増幅された宇宙エネルギーのことなのかもしれませんね。
ラウンドタワーを農業に利用すれば、食糧難も解決できるかもしれません。実際、そんな試みもあるようです。

第2部では、太古の地球について話がありました。ケイ・ミズモリ自身、「科学的な裏づけはないけれど」と断りを入れていましたが、かつての地球は、地上の6/7が地表に覆われ、人間の寿命は1000年もあったそうです。それが環境破壊によって地球は大部分が海(水)と変わり、寿命は100年前後と短くなりました。

地球はかつて、大気圏の更に上は氷の層である保護層に覆われ、それが有害な太陽光を遮っていました。しかし地球温暖化により保護層が溶け、雨となり地上に降ってきました。また、氷河期が終わりを告げ、その氷解した氷が水となり、現在のように地球は海に覆われるようになりました。そして有害な太陽光を遮るものがなくなっため、私達の寿命は短くなったのです。
そして、これから先、ポールシフトや地殻変動によってまた保護層が復活し、寿命も1000年に戻るかもしれない、とのことでした。

1000年の人生と100年の人生、どちらが良いのか分かりません。また、命の恵みである太陽光(UVC等の有害な波長の光線を除き)が本当に有害かどうかは分かりませんが、今の地球は何かしら変革の時期を迎えようとしているように思います。
[PR]
by d_mitsuda | 2009-03-03 19:46

誕生会&披露宴

先週末、速読教室に通う友人の誕生会に行って来ました。会場は日立目白クラブ。ここは、旧学習院昭和寮で、皇族ともゆかりのある場所です。誕生会を企画してくれた見坊さんが、30年前にご自身の結婚式をここで挙げられ、この場所を開催地として選定下さいました。
b0140293_12343037.jpg

会場に着くと、月経コントロールマニュアル「プフリへの道」の作成に協力してくれた、セラピストの鈴木こずえさんが受付係としていました。開演まで暫く間があったので、10分ほど待合室に居ました(↓)。
b0140293_12455582.jpg

誕生会は、2月生まれの加藤さんと、3月生まれの(別の)鈴木さんの2人を祝う会でした。定刻になると、主役の2人が見坊さんのベンツで会場に現れ、私たちが切花(花びら)を投げて出迎えました。落ちた花は誰が掃除するのだろう?と、私は余計な心配をしていましたが、きっと目白倶楽部の方が行ってくれるのでしょうね。
同じ速読教室に通う友人がMCを務め、速読力10万時を達成された方の乾杯の音頭で会は始まりました。

さすが皇族とゆかりの地だけあって、食べ物は豪華でとても美味しかったです。さすが見坊さんの選定です。
暫くして主役2人から挨拶を頂きましたが、加藤さんは感極まって涙していました。

2人のスピーチが終わると、MCから突然アナウンスがあり、誕生会は、畑山ご夫妻の結婚披露宴に変わりました。お2人は2ヶ月前に結婚されたのですが、お披露目会が一向に開催されないことに業を煮やした親友の嶋さんが、披露宴の企画を押し進めました。このことは、私たち参加者は知らせておらず、しかも奥様へのサプライズも兼ねていました。奥様の畑山由美子さんは、「ナプフリへの道」を作成に深く協力して下さった方です。

披露宴となった会では、お2人にケーキカットも行って頂きました。速読を極める上では、集中力を乱す砂糖やケーキ等のお菓子はご法度ですが、この日は無礼講と言うことで、ケーキを皆で頂きました。
お2人の仲睦ましい姿を見ていると、私も今年は・・・、なんて思います。お土産にお花を頂きましたが、良い春が訪れればと思います。
b0140293_1321517.jpg

[PR]
by d_mitsuda | 2009-03-01 08:20


木の香治療院 院長日記


by d_mitsuda

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
セミナー
はり灸
健康
出産・育児
光線
美容

ガストン・ネサーン
未分類

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧