<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

遺伝子組み換え食品

私が初めて遺伝子組み換え食品の問題について知ったのは、何年か前に見た「食の未来」と言う映画を通してでした。

まず製造法に驚きました。
例えばヒラメの遺伝子をトマトに組み込んで低温に強いトマトを作ったり、あるいは除草剤に抵抗力のある土壌菌の遺伝子をとうもろこしに組み込んで除草剤に強いとうもろこしを作るには、他の生命体の遺伝子に浸入しやすい特徴を備えた大腸菌等の細菌やウイルスの遺伝子を利用します。
遺伝子の改変そのものにも安全性に疑問があるのに、こような病的な微生物の遺伝子を組み込まれた食物が果たして安全であるのか甚だ疑問があります。
実際、そのような技術によって作製された遺伝子組み換えとうもころし(スターリンク)で出来たタコスを食した女性が、激しいアレルギー症状を引き起こした症例も報告されています。

フランスのカーン大学の研究チームが行った研究では、遺伝子組み換えトウモロコシを2年間与えたマウスは、様々な腫瘍や臓器不全を発症しました。特にメスに表れた症状は深刻で、マウス200匹のうち、50~80%にこのような腫瘍が表れました。
また遺伝子組み換え技術によって作られたトリプトファンと言うアミノ酸サプリメントをアメリカで販売したところ、体調不良を訴えるアメリカ人が続出し、38人の死者が出ました。
(参考 :船瀬俊介 著「『モンスター食品』が世界を食いつくす! 」)

このような様々な問題のある遺伝子組み換え食品、日本では広まりつつあるようです。
遺伝子組み換え食品の摂取を完全に避けることは難しいかもしれませんが、このような情報も参考にして出来る限り避けたいものですね。

なお遺伝子組み換え食品(技術)ではありませんが、加速器から重イオンビームを放射し、それを植物の遺伝子に当てることで突然変異を起こさせ、病気に強い、あるいは成長の速い野菜などを作ろうとする研究が日本で行われています。
日本の食糧事情を事情を考えるとそのような研究は素晴らしいとは思いますし、安全面に問題ないとの見解もありますが、私自身は少し心配しております。
ロバートマッカリソンが行ったネズミの実験のように、生物への影響をきちんと確かめてから、食卓への開放を行っていただきたいと思います。
[PR]
by d_mitsuda | 2013-04-23 20:49 | 健康

ポリ塩化ビフェニル

ポリ塩化ビフェニル(PCB)言う物質があります。
熱に対して安定していて、電気絶縁性が高く、耐薬品性に優れています。そのため加熱や冷却用熱媒体、変圧器やコンデンサといった電気機器の絶縁油、可塑剤、塗料、ノンカーボン紙の溶剤など、非常に幅広い分野に用いられました。

しかし、生体に対する毒性が高く、発癌性があり、また皮膚障害、内臓障害、ホルモン異常を引き起こすことが分かり、日本では1972年に行政指導という緊急避難的な措置として製造・輸入・使用を原則として中止させ、翌1973年には、化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律を制定(発効は1975年)し、法的に禁止されました(ウィキペディアより転載)。

最近、来院される方の不調の原因を潜在意識に探っていくと、PCBが反応として表れることが多いです。
日本ではPCBの製造・使用が禁止されて久しいですが、それまでにPCBを用いて作られた製造物はまだ数多く存在していて、それが焼却の際に空気中に放出されるか、あるいは土壌に溶出したPCBが河川・海へと流れ出し、それが飲食物として私たちの体内に入ってくることが考えられます。最近の地震や気候等の変化によって、空気中や海にPCBが放出されやすくなったのかもしれません。
あるいは、中国からのPM2.5(車の排気ガスや工場ばい煙)の影響もあるかもしれません。

いずれにしても、空気清浄機の利用や食材を厳選する等、今後はより生活に気をつけなくては十分な健康維持は難しいかもしれません。
[PR]
by d_mitsuda | 2013-04-19 20:44 | 健康

夢まつり

先週末の日曜日は、父の会社でお祭りが開催され、私も手伝いに行ってきました。今年で18回目を迎えるお祭り(夢まつり)は、焼きそばやカレーライス、菓子パン売り場と言った飲食コーナー、射的、金魚すくい、子供の木工教室といった体験コーナー、そしてダンスや歌のパフォーマンスが見られるステージコーナーなど見所満載のお祭りでした。

私は飲食コーナーの揚げダコ売り場の担当となりました。揚げダコとは、たこ焼を揚げたもので、大きな揚げダコを6個1パック、150円で販売しました。
私はそこで、調理したり(揚げたり)、あるいは売り子となって販売したりとそんなお手伝いをして来ました。他には、調理し終えた揚げダコをパックに詰め、ソース、青海苔をぬる係りなどもありました。
b0140293_19212669.jpg

日曜日は風は強かったものの天候はよく、多くの方が来場されました。そのお陰もあって、用意した揚げダコは完売となりました。お買い上げ頂いた方に感謝です。

ステージコーナーでは、日吉台中学校の吹奏楽部の生徒さんたちによる演奏会、地元のチアリーディングチーム(ドルフィンスター)による演舞、また綱島駅近くにあるダンス教室(Wドリーム)の生徒さんによるダンスパフォーマンスなどがありました。
b0140293_19295539.jpg

皆さん生き生きと、そして見事に演舞され、会場の方々を魅了していました。

来年もまた参加したいと思います。
[PR]
by d_mitsuda | 2013-04-16 20:19

ナプフリ・セミナー (6/30)

以下の通り、ナプフリ・セミナーを開催いたします。

(日時)
平成25年6月30日(日)

PM13:30~PM16:15  (受付 13:15~) 
※途中15分ほどの休憩があります
※終了時刻が15分ほど延びる場合がございます
※講義の録音・録画・写真撮影はご遠慮申し上げます。またキータッチ音が他の受講者のご迷惑になることもありますので、パソコンやワープロ等の機器を用いての記録もご遠慮申し上げます

(場所)
目黒区 中目黒住区センター 第1会議室
東急東横線・日比谷線 中目黒駅 徒歩10分

目黒区中目黒二丁目10番13号
03-3719-0694
地図

(セミナー内容)
・月経の役割
・ナプフリに至る手順  (マニュアル付きです)
・皮膚から吸収される物質の心身への影響
・実技 (ナプフリ実現に役立つ体操)
・質疑応答

※ナプフリ:
ナプフリとは、「ナプキンフリー(ナプキンから自由になる)」の略で、「生理用品を使わずに月経を過ごす、排尿と同じように経血を子宮に溜め、トイレで排泄する」ことを意味します。

※ナプフリの効用 (個人差があります)
・経血の量が減り、期間が短くなる
・生理痛や頭痛等、生理に関わる諸症状が軽減する (消失することもある)
・子宮筋腫等の婦人科系の病気にかかりにくくなる (症状が緩和・消失することもある)
・基礎体温や頸管粘液を調べなくても排卵日が分かる (効率的な妊娠への準備・調整が可能)
・経済的に助かる (女性が一生に使うナプキンの数は、1万数千個になると考えられます)
・地球にも優しい (ゴミが出ない) 等々

(講師)
木の香治療院 光田大輔

(会費・定員)
・会費 :3,000円
・定員 :20名

(申込締切)
・平成25年6月26日(水)

(申込方法)
お名前、ご住所、電話番号、メールアドレスをお書き添えの上、メールにてお申込み下さい。
申込先メールアドレス info@konoka-clinic.jp
 
※2日以内に返信メールが届かない場合、恐れ入りますが、再度メールないしはTELにて連絡下さい。メールサーバー等の不具合により、申し込みメールが届いていないか、または返信メールが到達していない可能性があります。

※お申込された後にこちらからお送りする返信メールに、振込先の口座を記載しております。返信メール到着後、1週間以内にお振込下さい

※お振込後のキャンセルは、振込手数料を差し引いた後、指定の口座にご返却いたします。またキャンセルは6月23日(日)までにお願い致します。それ以降は、申し訳ありませんが、セミナー参加の権利をご友人等にお譲り下さい。

(お問合せ)
木の香治療院
〒223-0053 横浜市港北区綱島西 1-9-13 アクワレル 402
電話 045-315-4410  
メール info@konoka-clinic.jp   Web http://konoka-clinic.jp/
[PR]
by d_mitsuda | 2013-04-03 19:13 | セミナー

血液の結晶化による病気診断

先週の土曜日、診療を早めに終え、人体科学会主催の講演会に行ってきました。講師は、東京女子医科大学解剖学教室の芝田高志先生、テーマは

「ヒト血液結晶化法などによる形態形成場可視化への挑戦
~シュタイナー医学で云う生命空間の合目的性発現の機序解明を目指して ~」


でした。
血液に塩化銅を入れて結晶化させると、健康状態や罹患している病気に応じて結晶が異なると言うのです。これを調べることで癌や糖尿病、卵巣の病気等、様々な病気の診断が出来ます。
この考えはルドルフ・シュタイナーが提唱したもので、芝田高志先生は、日本におけるこの研究の第一人者です。これまでも糖尿病を始め様々な疾患者の血液結晶観察を行い、疾患と結晶のある程度の相関が得られたそうです。

しかし、結晶化させるのに時間がかかったり、また設備やそのプロセス(湿度、温度 等)にかなり留意がいるため、病院での病気診断における実用化は難しいとのことでした。

そういえば、714-xを作り出したガストン・ネサーン氏もまた、結晶化させた血液で病気診断を行う方法を創出しています。ネサーン氏の方法では、血液から血球成分を除き、それを急速冷凍して結晶化させます。その結晶は、疾患ごとに独特な像を示すので、病気診断に使えるとのことでした。これでしたら簡便に行えますので、病院での実用化も出来るかもしれませんね。
[PR]
by d_mitsuda | 2013-04-02 21:28 | 健康


木の香治療院 院長日記


by d_mitsuda

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
セミナー
はり灸
健康
出産・育児
光線
美容

ガストン・ネサーン
未分類

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧