輸血

千島学説を唱えた故 千島喜久男 博士は、輸血は以下のような副作用があると、その害について以前から説かれていました(参考 「血液の健康の知恵」)。

〇 溶血現象
現在の輸血は血液型(ABO式)とRH型(+ or -)に基づき行いますが、血液とは本来他の臓器と同じように個々人に特徴的な型を持つため、それを他人に入れると拒絶反応を示すことがあります。
そのため輸血をすると溶血が起こり、時には後2~3時間、乃至は2~3日間で死亡することがあります。

手術中に出血多量で死ぬ、あるいは事故等のために救急で運ばれて出血多量で死ぬのは、もしかしたら輸血した血液が適合せずに溶血して死んでいるのかもしれません。

〇 血清肝炎
輸血による肝炎は、肝炎ウイルスを含む血液を輸血することにより起こると考えられいます。しかし他人の血液そのものが自己にとっては毒であり、そのため排毒器官である肝臓に輸血した血液が集まって炎症を起こし、肝炎となることがあります。

また輸血された血液には免疫抑制作用があるため、癌手術の際輸血をすると、再発率が激増します。安達洋祐 著「エビデンスで知るがんと死亡のリスク」によると、輸血されたがん患者は再発や死亡頻度が1.6~1.8倍も高いそうです。
また、南カリフォルニア大学報告書によると、喉頭癌の再発率は、輸血を受けなかった人が14%、受けた人は65%と、受けた人の再発率が圧倒的に高くなっています(参考 :船瀬俊介 著「わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相!」)

以上の事実を鑑みると、輸血は本当に害があることが分かります。
では何故輸血が行われているかと言うと、献血・輸血は非常に大きな産業(マーケット)であり、営利目的のために行われているのです。

実際、手術において輸血が必要な手術と言うのはほとんどなく(現在想定されている以上に出血しても人はし死なない)、例え大量出血で輸血がどうしても必要な時は生理食塩水やリンゲル液で代用可能ですし、あるいは食塩水を飲用するだけでも問題ありません。
世界的著明な外科医D.クーリーは、無輸血で2万件以上の外科手術を行っています。特にドイツの良心的な医師たちは、無輸血治療に移行しつつあります。

私は趣味をかね献血を行っていますが、これらの事実に改めて接すると、これからはやるべきではないように思います。
[PR]
# by d_mitsuda | 2013-02-18 21:04 | 健康

横浜

昨日は、横浜国際フォーラムの手伝いに、JICA横浜まで行ってきました。国際フォーラムでは様々な国際協力に関する催し物がありますが、青年海外協力隊の応募相談も行われ、私は協力体のOBとして相談役として参加しました。

相談はJICAの職員の方と一緒に丸テーブルで受けたのですが、相談会の合間にその職員の方と横浜市政について話し、横浜が国際交流において段々と活動が活発化していると言うお話しを伺いました。
例えば赤レンガ倉庫前で行われるアフリカンフェスティバルもそうですし、昨年はAPEC横浜フォーラムが開催されたりもしました。そのお陰で横浜市内のホテル稼働率も8割を超えるなど、経済効果は大きかったと聞きます。
これらは多くの個人、団体の協力によってなされた成果だとは思いますが、トップである林市長の功績もやはり大きいものと思っています。

国際協力ではないですが、市長の業績の中でも一際目をひくのが待機児童0(今年の4月1日から)。多くの自治体が対処に困り、また歴代の横浜市長もなしえなかったことを林市長は就任3年目で成し遂げたのは驚嘆のほかありません。
市長就任時1000人以上いた待機児童を0にした秘訣(施策)は以下の5つです。

① 保育コンシェジュジェの設置
親御さんの要望と保育施設のマッチングを行う係りです。

② 家庭保育の普及
子供が大好きな方のご家庭で子供を預かってもらう。もちろんこの家庭(住居)は、横浜市の認可を受けた保育施設となります。

③ 幼稚園に協力してもらう
横浜市内の40%以上の幼稚園が、午後の時間帯も子供の預かりに協力してくれるようになりました。

④ 鉄道会社の協力
線路下に保育施設を創設。

⑤ 企業、大学の協力
日産等の企業や、横浜国立大学内に保育所を設置してもらいました。

このように、林市長が旗振り役となり様々な協力を得て、待機児童が0となりました。
この模様はマスメディアにも取り上げられ、同様な施策を試みる地方自治体も出てきたそうです。

待機児童0にしても国際交流にしても、横浜の今後の展開を、私も一横浜市民として楽しみにしています。
[PR]
# by d_mitsuda | 2013-02-11 20:47

旧友

先日届けられた月刊誌 「医道の日本」を読んでいたら、中学校時代の友人が載っていました。さいたま柔整専門学校の理事長・校長をしていて、整形外科専門医として頚椎症について寄稿していました。

彼とは中学1年、3年の時に同じクラスで、1年生の時は放課後彼の家に行ってよく遊んでいたと記憶しています。また2年生の時はクラスは違ったと思いますが、彼のお父様が経営する接骨院の2Fの空部屋で、別の友人を入れ3人で、近所に住む大学生に勉強を教えてもらっていたりもしました。
余談ですが、私は小学校から中学校2年途中まで勉強が苦手で、成績もよくありませんでした。しかし上記の大学生に勉強を教えてもらってから授業がわかるようになり、段々と勉強が好きになり、成績も上がっていきました。

何にしましてもかつての友人が、医学雑誌に載るほど立派な人物になったのは嬉しいことです。
[PR]
# by d_mitsuda | 2013-02-05 21:49

がんになりにくい体をつくる会 第1回講演 ④ ~ 質疑応答

講演会の後は質疑応答の時間となり、以下のような質問が出ました。

〇 電子レンジ利用の是非
電子レンジを使うと、食品の分子構造がシス型からトランス型に変わります。トランス型は自然界には存在しない型ですので、それを食べると体には負担がかかります。
また和田和子氏のお話では、ご飯の場合、冷やご飯にすると吸収性が高まるので、冷たいご飯も良い面はあるとのことでした。

私も電子レンジの利用は勧めませんが、O-リングの創始者 大村恵昭氏の著書「顔を見れば病気がわかる 」には、電子レンジで温めた後3分ほどすると、害は軽減すると書いてありました。また「森修焼レンジコックさん」などを使うのも一計かもしれません。

〇 肉食の是非
「肌をみずみずしく保つには、時には肉食も必要では?」との質問が出ましたが、その考えは幻想であり、食物性中心の全体食で十分に美を実現できると回答がありました。
実際、ナチュラルハイジーンを勧める松田麻美子さんも、その年齢とは思えない程とても美しい方ですので、美容のためには肉が必要と言うのは間違いなのでしょう。

また、発がん物質を摂取しても動物性たんぱく質(特にカゼイン)の摂取量が少なければ発癌率は低く、動物性たんぱく質の摂取量が多ければ発癌率は飛躍的に高くなる、との研究報告もありますので、やはり肉食は問題があるのでしょう(参考:T・コリン・キャンベル 他著「葬られた『第二のマクガバン報告』」)

〇 牛乳摂取の是非
「骨粗しょう症予防のためにカルシウムを多く含む牛乳は良いのでは?」との質問がありましたが、実際には牛乳摂取量の多い国ほど骨粗しょう症の割合が多い事実があります。それよりも、牛乳には癌細胞形成を刺激するIGF-1が含まれていますし、発癌率を高めるカゼインも多量に含まれていますので、牛乳摂取は問題が大きいです。
カルシウムについては、野菜の摂取で十分とのことでした。更には、骨の重要な要素であるコラーゲン(の構成アミノ酸であるプロリン)の合成にはビタミンCが必要ですので、やはり野菜は重要です。

〇 診療費について
真柄先生のクリニック(素問八王子クリニック)、及び和田洋巳先生のクリニック(からすま和田クリニック)での診療費について質問がありました。

まず真柄先生のクリニックですが、一番良いサプリメントを使用した場合は月18万円かかり、その他鍼治療(刺絡治療)として1週間から10日一度、6,500円かかります。
なおこの鍼治療は、安保-福田理論に基づく自律神経免疫療法ですが、真柄先生によると、刺絡治療して副交感神経が優位になってもリンパ球は増加しないとのことでした。それよりもむしろ副交感神経が優位になるとINF-αやインターロイキン等の抗腫瘍物質(サイトカイン)が産生され、これが癌消滅に寄与しているのではとは話されていました。もちろん、鍼治療に関わらず野菜食を行うと、これらのサイトカインは増加します。

次に和田先生のクリニックですが、紅豆杉茶で月1万円、梅肉エキスで月2~3万円ですので、合計3~4万円あれば十分とのことでした。
[PR]
# by d_mitsuda | 2013-01-31 13:27 | 健康

がんになりにくい体をつくる会 第1回講演 ③ ~ 和田洋巳先生の講演

最後の講演者は、京都大学名誉教授 からすま和田クリニック院長の和田洋巳先生で、テーマは「がん細胞の成長と生活習慣の関連を解く」でした。和田先生は、「がんとエントロピー」の著者としても有名です。

先生は、様々な実験観察(論文)を基に、癌の成り立ちやそれに基づく癌治療法について説明下さいました。例えば癌はブドウ糖を好むので、ブドウ糖を大量に含む、あるいは消化の過程で短時間にブドウ糖が大量に生成される砂糖のような精製炭水化物の摂取は、癌治療には不適となります。更にはブドウ糖は、IGF-1(インスリン様成長因子)と言う物質を産生し、これは癌細胞の成長を刺激しますので、この点からも砂糖の摂取は癌を克服する妨げとなります。

またIGF-1は、安い肉には成長剤として投与されていることが多いので肉食は止めたほうがいいですし、牛乳にも沢山含まれていますので、牛乳・乳製品も不適です。またIGF-1は過食すると体内で発現しますので、過食も避ける必要があります。
IGF-1と癌の関係については、自身の乳がんを牛乳・乳製品断ちで克服した英国王立医学協会終身会員 ジェイン・プラントの著書「乳がんと牛乳」に詳しく書かれています。

過食や糖質食と言えば糖尿病と深い関わりがありますが、糖尿病の薬として知られるメトフォルミンを服用している人の癌死亡率は低いそうです。
とは言え、本来は糖尿病にならないような生活を心がけることの方が、より重要だとは思いますし、そのような生活の方が薬を飲むよりよっぽど効果が高いように思います。ちなみに糖尿病は癌予備軍とも言われているそうです。

和田先生は、実際の臨床では、植物性中心の全体食(+減塩食)を基本として、その他、紅豆杉茶と梅肉エキス(ミサトール)(15g/日)を飲むことを勧められています。
臨床例も幾つか見せて頂きましたが、末期に近いような癌の方がこれらを実践することで、回復されていました。改善が見られない時は、梅肉エキスの飲料を増やすと(15g/日)、改善が見られることも少なからずあるそうです。特に乳がんとの相性はよいとのことでした。

その他、運動が癌を抑制すること、また抗がん剤は否定はしませんでしたが、投与量を減らしたら改善に向かった例もご紹介頂きました。
こんなお話を聞きますと、癌とは治る病気なのだと改めて思います。
[PR]
# by d_mitsuda | 2013-01-30 21:28 | 健康


木の香治療院 院長日記


by d_mitsuda

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
セミナー
はり灸
健康
出産・育児
光線
美容

ガストン・ネサーン
未分類

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧