手紙

今日は久しぶりにゆっくりと一日を過ごすことができました。
日課(趣味)の散歩と公園掃除を終えた後、読書をしようかと思いましたが、せっかく時間があるので映画を見ることにしました。映画館に行こうとも考えましたが、ネット(GYAO)で探してみると、面白そうな映画がありましたのでそれを見ることにしました。

タイトルは「手紙」。直木賞作家 東野圭吾のロングセラーを映画化したものです。



寺山鉄二扮する武島剛志が、弟 直貴(山田孝之)の学費を捻出するために盗みを犯し、誤って殺人を起こしてしまいます。殺人者の弟ということで、直貴は様々な試練を受けますが、理解ある人に支えられ試練を乗り越えていくと言う、家族愛、人間愛等を描いた内容となっています。
この映画を通して、家族と言うもの、そして犯罪を犯すとの意味について、随分と考えさせらました。

私にも弟がいますが、過去を振り返るとあまり良い兄ではなかったように思います。たった一人の弟、血を分けた兄弟であるにもかかわらず、弟が困っているときに親身になって助けることをして来なかったのではないかと。
映画ではありますし、どんな理由があれ犯罪は犯してはならないことですが、鉄二と直貴の兄弟愛を見ていると、私には反省すべき点が多々あり恥ずかしくなりました。

今弟は、父の会社を引継ぎ社長業を行うべく修行をしておりますが、今後は兄として何かしらサポートをしていきたいと思います。
[PR]
by d_mitsuda | 2011-09-25 23:03


木の香治療院 院長日記


by d_mitsuda

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
セミナー
はり灸
健康
出産・育児
光線
美容

ガストン・ネサーン
未分類

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧