フランシス・シュラター

昨日ハリー・エドワーズについて書きましたが、もう一人、奇跡のヒーラーをご紹介致します。

フランス系米国人で名をフランシス・シュラターと言うそのヒーラーは、コロラド州デンバーに住むフォックスと言う人物の腎臓病を、たった一度の治療で完治させました。
その時フォックスは、むさ苦しい環境に住んでいたシュラターのために自宅の一室を提供し、治療に専念するよう進言しました.

シュラターはその好意を受け、約2ヶ月間治療をしましたが、1日に少ない日で700人、多い日で2,000人もの人々を治療し、たった一人を除いて全ての病気が治ったそうです。その一人とは殺人犯で、そう直感したシュラターは治療を拒否したのでした。

それにしても1日2,000人と言うは凄まじ過ぎます。治療時間が1人20秒で1分で3人、1時間で180人、10時間で1800人となります。20秒くらいの治療で難病が完治してしまうのですから、ハリー・エドワーズと同じように、やはり偉大なる力(神の力)を借りた治療なのでしょう。きっと地球や人類の未来のために、何かしら大事な役目を果たすため、神がそのような人物を使わしたものと思われます。

実際、フォックスの自宅で治療を開始してから2ヶ月後、いつも通りフォックスの家族と食事を済ませ、お祈りをしてから「おやすみなさい」と言って部屋へ戻ったきり、次の書き置きを残して、忽然と姿を消してしまいました。

「フォックス殿
私の使命も終わり、父(かみ)が迎えに参りました。さようなら」

やはりシュラターは神の使いだったのでしょう。
(比べるのは余りにもおごがましいですが)私も時々自分の使命を考えます。

なお上記記事は、「日本人の心のふるさと“かんながら”と近代の霊魂学“スピリチュアリズム”」)を参考にしました。
[PR]
by d_mitsuda | 2011-11-02 01:05


木の香治療院 院長日記


by d_mitsuda

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
セミナー
はり灸
健康
出産・育児
光線
美容

ガストン・ネサーン
未分類

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧