2011年 09月 30日 ( 1 )

健康維持・病気克服に向けて ~ 千島学説からの考察より

千島学説についてはこれまで何度となくブログにく書いてきましたが、もう一度触れたいと思います。

千島学説を簡単に述べると、赤血球は小腸で食事から作られ(腸造血)、腸の毛細血管を通って体内を循環し、毛細血管から飛び出て白血球への分化を経て更に各臓気・組織の細胞に分化するという事です(赤血球から白血球への分化は、血管内でも行われます)。
また赤血球は白血球に分化するだけでなく、血小板(止血の作用を持つ)も産生します。これについては、ドイツの動物学者であり細菌学者であった故 ギュンター・エンダーレイン博士(1872-1968)も暗視野顕微鏡で確認しています。

つまりこれは、健康な体(細胞)を維持し、そして正常な免疫力(白血球の作用)を得るには適切な食生活が必要不可欠であることを意味します。

また腸で産生された赤血球を全身にくまなく循環させるには運動が大切ですし、小腸における正常で必要量の赤血球の産生、そして赤血球から正常な白血球・体細胞に分化させるには、適切な食事だけでなくストレスのない生活も重要な要素となります。

以上のことをまとめると、適切な食生活、適度な運動、心穏やかな生活(ストレスの開放)が健康を実現する上で必須のことであり、またこのような生活ができれば健康長寿を手に入れられることを意味します。これはアメリカ・マサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレンテ博士が発見した長寿遺伝子の観点からも明らかです。

このような人体の生理・健康の考え方が世間にきちんと周知されれば(本来であれば学校教育において)、病気で苦しむ人は随分と減るのではと思います。今、病特に難病と言われる重たい病気に苦しむ人が増えて来ていますが、少しでも彼らの一助になればと思い、改めて千島学説について触れてみました。
[PR]
by d_mitsuda | 2011-09-30 21:24 | 健康


木の香治療院 院長日記


by d_mitsuda

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
セミナー
はり灸
健康
出産・育児
光線
美容

ガストン・ネサーン
未分類

以前の記事

2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧